「もしかして」と思ったらうつ病チェック|思い当たる症状を確認する

うつかなと思ったらまずはセルフチェック

心の病気になってしまった

悩む男性

うつ病は、自分だけで抱え込んでしまいがちな病気です。誰にも相談できないで苦しんでいる人もいるでしょう。しかし、うつ病のチェックを受けるだけで、医師にも相談しやすくなります。知らないうちにうつ病になってしまう前に、一度チェックしてみると良いでしょう。

読んでみよう

心の病気の診療

病院

うつ病のチェック項目はとても多いです。病気になる原因も症状も人に違います。治療も人に合わせた治療になります。チェック項目に注目して当てはまる項目がある時には病院へいきましょう。うつ病の可能性があるかもしれません。

読んでみよう

現代人に多い心の病

看護師

うつな気分がつづいたら

うつ病は主に若い女性に多い病気とされていましたが、日本の場合は特に年齢性別問わずうつ病にかかる患者は多いです。うつ病にかかる背景に社会経済が関わっているとも考えられています。生活の貧困、日々の残業・多忙、転勤を経験している人はかかりやすく、日々の暮らしとうつ病は密接に関係しています。人により人間関係や介護、育児など内容は違いますがストレスが引き金となることが多いです。しかし医学的な原因は未だ解明されてはいないのが現状です。ストレスが特に何も思い当たらないという人はノルアドレナリンやセロトリンなど脳の伝達物質の減少が考えられます。うつ病は初期のころほど明確な症状が出ず、気づかずに過ごしている人も多くいます。放置していても自然と治ることもありますが、再発を繰り返したり、重病化する人もみられるためはやめの治療や改善がすすめられます。そのためにはまず気づくことが大事です。自己チェックは精神科や心療内科にいかずともインターネットでチェック項目に記入するだけで誰でも手軽に診断ができます。服用している薬の副作用であることもあるので、もしかしてうつ病と思ったらチェックをし、原因を自分なりに考えてみることも必要です。

病気の特徴

うつ病の症状は多数あります。当てはまる項目として、・のぼせ、赤ら顔になる・動悸がする・めまいがする・手足など末端が冷える・頭痛がする・イライラする・不安感が常にある・だるさや疲れが取れない・不眠症である・便秘、または下痢気味である・肩こりがあるなど精神的なことだけでなく肉体的にも症状が出ます。項目に当てはまることが多いようならうつ病の疑いがあるため、精神科、心療内科に行ってカウンセリングを受ける、薬を出してもらうなど治療をしましょう。うつ病はこのように日常生活に多くの支障をもたらします。長期化すると、新陳代謝も低下させ内臓器官にも疾患を起こすことも考えられるため、うつ病をあまり軽く考えないようにしましょう。うつ病にかかりやすい性格として、几帳面、真面目、マイナス思考、慎重、責任感が強いなどが挙げられます。治療法として抗うつ剤の投与や、カウンセリング、生活習慣の改善などがあります。また、現在飲んでいる薬にうつの影響があるようなら、その摂取を辞めるのも効果的でしょう。治療をするにもまずは原因を調べてからのほうが対策も立てやすいので、自分なりになにが思い当たるかもチェックしてみましょう。うつ病の治療は周りの人の理解や協力も必要のため、一人でがんばりすぎないように生活していくことも大事です。

こんな症状に気をつけて

カウンセリング

うつ病かもしれないと思ったらすぐに症状をチェックし、早めに心療内科を受診しましょう。日頃から無理をせず、リラックスした時間を持つことが大切です。周囲の人に相談したり、助けを求めることができるようになるといいでしょう。ストレスをためないことが予防になります。

読んでみよう

脳の病気です

医者と看護師

うつ病は、強いストレスが原因で起こる脳の病気です。専用の機材で脳の状態を数値化することでうつ病だと判断することができますが、簡単なアンケートに答えるだけでチェックすることもできます。うつ病治療の最終的な目標は、脳の精神伝達物質のバランスを整えることです。

読んでみよう