うつ病チェックで見逃し厳禁な症状|起死回生の治療を知ろう

先生

脳の病気です

医者と看護師

現代の病気です

うつ病は誰でもかかる可能性のある病気です。今は周囲の理解も深まり、対応する病院も増えてきています。うつ病は、こころの病というよりも脳の機能低下によって起こる精神障害です。脳の神経伝達物質のバランスが崩れていることが様々な障害を生み出しています。うつ病は強い精神的ストレスが原因とされていて、社会的な要因が深く関与している現代の病気です。うつ病は、病院で専用の機材を用いて脳の状態の数値を出すことでチェックすることができますが、簡単なアンケートでセルフチェックすることが可能です。セルフチェックシートはWEB上にもあるので、もしやと思った時に自宅で気軽に試すことができます。うつ病は、自己肯定が著しく低下してしまい、劣等感や自己否定に囚われている状態になっていることがほとんどですが、そのような心の状態の他にも、頭痛やめまい、便秘・不眠などの身体的な症状も現れます。そういう症状をチェックすることで周りの人間が気づくこともあります。今は有名な人たちが自身のうつ病体験を口にしていることで、一般の人たちも治療が受けやすい社会になってきています。ひと昔前よりも心療内科に足を運ぶハードルは低くなっています。うつ病は治る病気で、治す専門家がいる病気なので、これからますます心療内科に相談しやすい環境へと整えられています。

治る病です

うつ病の治療には、本人の休養、医師とともに行う精神療法、そして薬物療法があります。医師はこの3つの方法を組み合わせたプログラムを提供しています。薬物療法には即効性はなく、効果が現れるまでに少なくとも2週間は必要としています。また、薬には副作用もあるので、患者に負担がかかるため効果が現れる前に自己判断で使用を中止してしまうケースもありますが、必ず医師と相談の上判断するようにします。またうつ病にかかると不眠症に陥るケースが多いですが、不眠症は体力・気力ともに失わせるので放置できません。抗うつ剤と同時に睡眠薬を利用するのも効果的です。うつ病治療の最終的な目標は、脳の神経伝達物質のバランスを正常に戻すことなので、それには規則正しい生活を送ることも大切です。休養はもちろん重要なことですが、規則的な作業も必要です。といっても、毎朝決まった時間に掃除することや決まった時間に入浴することなどです。外出の予定がなくても、身なりをきちんとしておくというのもよいでしょう。社会復帰した後は、再発しないためにも自身の状態を日常的にチェックしておきます。そうすることで、自身の精神状態をセルフコントロールすることも可能になります。