うつ病チェックで見逃し厳禁な症状|起死回生の治療を知ろう

先生

心の病気の診療

病院

見逃さないサイン

うつ病と言う病名を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。近年、ストレス社会や高齢者社会がもたらす病「うつ病」で悩む方が増えています。気づきにくい病なのでちょっとしたサインを見逃さないことが早期治療につながります。ストレスが蓄積されて心が疲れてきます。脳内環境が上手く働くなり障害を生じます。心の変化が出て様々な症状が出てきます。うつ病と考えられるチェック項目は、朝起きられない、1日中気分が落ち込み情緒不安定になる、イライラして怒りの感情が起こる、仕事に行きたくない、人に会いたくない、誰かが見ていると被害妄想になるなどです。このような症状が出たら或いは家族や周囲の方にいたらうつ病かもしれないと疑ってみましょう。また、体に現れる症状にも注目してみましょう。チェック項目は、頭痛、吐き気、めまいなどが時々あるが病院で検査しても異常がない、耳鳴り、急に不安になり突然意識を失い倒れるなどです。内科や耳鼻科、脳外科などで検査をしても異常がない時には心療内科、神経科、精神科などを受診しましょう。自律神経が乱れてうつの症状かもしれません。うつ病は、治療をすると完治する病気です。落ち着いて治療を受けましょう。

一人一人の治療

うつ病は、患者に合わせた治療が必要です。原因も症状も人により違いますので病気の状況にあった治療が望ましいでしょう。チェックをしてみてどれだけ当てはまるかを見ていきます。チェック項目の数や内容も重要です。心が落ち込みやる気が出ない程度なら初期段階です。更に悪化し方は、落ち込み方がひどく1日中寝ている、部屋がゴミ屋敷の状態、人にも会えない、外出もできないなどは重い症状です。体に異常が出る方で吐き気、めまい、頭痛、耳鳴りが頻繁に起こる方、人の目が気になり被害妄想がある方は入院をすることをお勧めします。心も体も疲れきってしまい自分ではコントロールできません。入院してゆっくり治療のことだけ考えて過ごしましょう。早期治療することで心も体も早く楽になります。うつ病が完治すると元気な心と体だった元の状態に戻ります。安心してゆっくり治療することが良いでしょう。一人ではありません。医師や看護師、家族や周囲の方が協力してくれます。助けを求めて治していきましょう。誰でもいつ病気になるかわかりません。たくさんの方が治療をして完治しています。早期治療をするためにもチェック項目に注目して過ごすことも必要かもしれません。